くらちのりこ
Leave a comment

【5月12日週】DAY2.片づけない暮らし?

file0001326995371


Twitterのタイムラインをのぞくと、執筆陣のひとりいっきさんがこんなtweetをしていました。 火曜日です。くらちのりこです。おはようございますこんにちはこんばんは!いまのあなたは何時でしょうか?  

子どものプリントファイルを例に。

わが家の例です。  
ScanSnapなんてもってるライフハッカーな皆さんにはアナログ過ぎるかもしれませんがわが家には無いので編み出した方法。
(使ってみたいけど使いこなせるか判断出来なくて持ってない・・・。嗚呼これもまた判断・・・。)      

    わが家のアナログファイル

幼稚園児のプリントも、小学生の学校プリント(保護者宛)は月ごとになっているページに挟み込みます。
4月にもらったプリントは4のタブ、5月にもらったプリントは5のタブへ。 幼稚園児と小学生も、同じファイルです。

1冊ならファイルそのものも「園児用」「小学生用」と識別すらありません。判断する手間を省けます。プリントの内容を見ればどっちかわかるのでそうしています。  

提出する系だけ分ける

「○日までに出してください。」というプリントだけ、内容を書き取り(または写真をiPhoneで撮る)、日別ファイルの提出日にはさみます。 提出日より前に用意ができれば出すし、はさんでる日に提出することを思い出せればOK。(だいたい幼稚園や学校側でバッファをとってくれてるので多少の遅れはだいじょうぶ(経験則))

それ以外はその場では読まず、ちょっと落ち着ける時間、タスクを書き出せる時間にまとめ読みします。  

判断する時間をギュッと絞る

学校や幼稚園のプリントは1枚にたくさんの情報が詰まっています。
学校や幼稚園独特のいいまわしや文体があったり、内輪感とかあって非常に解読しづらいのも難点です。

「ちょっと」読むと、余計な情報がアタマに残ってしまうのがイヤなのです。
もともと性能のイマイチなワタシの脳みその片隅に「覚えておく」という余計な負荷がかかります。  

「○○については別紙で後日お知らせします。」
→後日がいつなのかわからない。
→別紙をみるまで具体的な行動がとれない
→別紙がきたら、用意するモノやコトがある
→・・・別紙がどれにたいするお知らせなのかわからなくなる。

「○学年の学年費の引き落としは○○円、○月○日に引き落としをするので○日までに入金をお願いします。引き落とし同意書を○日までに提出してください。」

→ちょ・・・まっ・・・!金額は○○円・・・と。入金の締め切り?ああ、引き落とし日が週明けなのか・・・メモメモ。
→ええとその引き落としをするために用紙を提出?? →去年引き落としてる口座そのまま落としていいですってばよ・・・・orz #これは愚痴w  

・・・みたいなことが多々あります。 ね、「ちょっと目を通しておこうかな?」で、読むとハマるんです、とほほ(汗)

それを避けるために、「判断する時間」をあらかじめブロックしておいて、その時間内に済ませます。
判断が終わったらプリントはまた月別タブに戻します。ドキュメントスキャナがあれば紙プリントは処分したいところですが、学校のプリントは「見返す」ことがままあるので保存しています。 配布された学期が終了したら取捨選択し、処分します。      

「片づけ」って、判断の連続

・・・です。 片づけが重荷になるのは判断を伴うから。 そしてこれがちょっとのことでもわりと疲れを感じる。

毎回毎回判断するのではなく、判断する時間や場所をギュッと絞ってみたり、判断そのものを「一定の動作をくり返す」行為に変化させます。 「ルーティーン」がそれです。

これで気持ちは「片づけ・フリー」=「片づけない」暮らしに!

なんだかことばあそびみたいになっちゃいましたけど(^^;

ぐうぜんにもこんなtweetをしていました。
この記事が書きかけだったから頭に残っていてつぶやいたのかもしれません。


それに対するマロさんとしさんからのリプライがこちら  

  なるほど!と、おもいました。 読んでもらうとイメージが掴みやすいかと思います。

・・・そんなわけで本日はここまで。くらちのりこがお送りしました。

Filed under: くらちのりこ

by

のり@くらちのりこ twitter id @norixnori ブロガー 暮らし回りのあれこれを発信。子育て、片付け、暮らしかた、考え方。 夫1、男児2(小6、小3)。 神奈川県横浜市 · http://kurasistant.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です