蓮花
Leave a comment

【5月19日週】DAY4. 中国に比べたら

penangbeach
こんにちは。養生と手帳とライフログの蓮花(れんか)です。

ペナンにやってきて、早いものでもう2か月が経とうとしています。上海からの引っ越し荷物の出航が何故か1か月遅れたせいで、なかなか通常の生活リズムには戻れずにいますが‥それでも、熱帯の気候や、おいしい食べ物、のんびりしてあたたかい人たちが、緊張続きだった生活にホッとするひとときを与えてくれます。

生の声は重要

ペナンへ赴任が決まってから、Twitterやブログなどで、既に暮らしている人の声を集めていました。住居選びや買い物、いろいろな手続きなど、現地の同じ日本人の意見が重要になってきますから。日本からの引越し荷物の発送や現地の不動産情報など、実際に役に立つ情報を下さる人たちもいました。感謝、感謝です。

ネガティブな意見もある

「こんな危険なことがある」とか「こんなヘンな目に遭った」‥などなど。。勿論こういう意見も大事です。これから同じ目に遭う人が出ないように‥という願いからなのでしょう。

でも中国よりはマシ

こんなことを言うと「中国ってどんなところなんだ」と思われるかもしれませんが。中国ほど、日本人をびっくりさせてくれる国は無いのではないか‥と思います。あまりにびっくりし過ぎて、今では何にも驚かなくなりました。感覚が麻痺した‥のかもしれません。それほどまでに「日本の常識」が通じないのです。

日本の常識は、世界の非常識

日本人は、どうも真面目というか、四角四面に物事を捉えてしまうというか‥「そんなコトはしないでしょう、普通」の”普通”の範囲が、ちょっと狭い感じがするのです。とはいえ、海外で暮らす前は、そんなこと考えもしませんでした。でも中国に行って、その余りの”普通のストライクゾーン”の広さに驚愕し、そうするうちに段々と「ストライクゾーン判定は国によって違うのだな」と思うようになったのです。

マレーシアのストライクゾーンは?

割とユルいです。でも中国のようにひたすら広大、というわけではなく、状況に応じて臨機応変に広げたりできますよ‥という感じ。だから、こちらで目にする「びっくり現象」も「いやいや中国に比べたら‥ふふっ」と、なるわけです。

まさかの‥中国のおかげ?

もしも、初めての海外生活がマレーシアだったら‥もっと色々なことに驚いていたかもしれません。初めて経験した海外が中国だったからこそ、今こんなふうに余裕を持っていられるのかも。そうなると中国は私にとって「スパルタだけど確実に成績を上げてくれる先生」だったのかも??

あんなに辛くて辛くて、たまに帰らないと発狂しそうだった中国の生活。それが今の楽しいペナン生活の礎になってくれているとは。人生ってわからないものですね。
それでは、また明日‥

Filed under: 蓮花

by

lotas

自分や家族の体調不良がきっかけで、漢方に興味を持ちました。 2008年に国際中医薬膳師試験に合格。 漢方薬だけ、薬膳料理だけ、ではなく、暮らしのすべてが養生につながります。 子育てする人も、される人も、しない人も。 みんなが元気になれる”暮らしのヒント”をお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です