アキヅキダイスケ
Leave a comment

ロック1995〜ロックの日に過去を振り返る

はいさい。アキヅキダイスケです。第5週目、今週は私が担当する週間です。
今日は偶然、6月9日、ロックの日です。また、個人的な記念日でもあります。そのことを書いてみようと思います。ファミリーマネジメント的ではないかもしれませんが。タイトルからコーネリアスのアルバムを思い出した人もいるかもしれません。意識しています。

medium_4737777318
photo credit: Tomasz Wagner via photopin cc

6月9日について

今日は私にとって特別な日です。1995年「ぎゃるそん号」がやってきた日。ぎゃるそん号というのは自転車の名前です。自転車といってもママチャリではありません。クロスバイクと呼ばれるスポーツタイプの自転車です(ミヤタのリッジランナー白)。当時、クロスバイクというのは今ほど一般的ではありませんでした。大学でサイクリング部に入部した私は、活動のためにクロスバイクを購入しました。そのぎゃるそん号は今でも現役です。
また6月9日は私がある女性に告白した日です。それも1995年です。つまり、ぎゃるそん号がやってきた日に私は女性に告白したのです。大きなタスクを一日に二つも入れた私は若かった。
ところで、false memoryという言葉があります。「偽りの記憶」「虚偽記憶」などという言葉です。人は記憶を捏造するらしいのです。その概念を知って以来、私は自分の記憶に自信がありません。よって本当にぎゃるそん号がやってきて告白をしたのが1995年6月9日だったのか不安です。しかし、私がそう記憶しているのがリアルです。

告白前夜

告白前夜の自分の状態は覚えています。ほぼ眠ることができませんでした。その女性を好きだという気持ちがベテルギウスのように膨らんで交感神経が高ぶって眠れなかったのでしょう。一晩中悶々と過ごしました。実際はいくらか眠ったのでしょうが、翌朝はふらふらでした。体が辛かった。だから、告白して解放されようと思ったわけです。勝算はありませんでした。戦略も無し。そんなことを考える頭の状態ではありません。ノーガード戦法で真正面から不器用に告白しました。

恋愛の宙吊り状態

告白をした私ですが、すぐに受け入れられませんでした。かといってふられもしませんでした。その告白の仕方は、大江千里くらいかっこ悪い告白だったので思い出しません。あえてね。ここでも書けません。その女性に対する好意、そして自分とつきあってください、ということは伝えました。
私は「鶏肋」のような男でした。三国志の故事をご存知ですか?検索してください。ふってしまうには惜しい男だったのでしょう。私は宙吊り状態にしばらく置かれました。前夜眠ることができずに、苦しみから解放されたくて告白したのですが、結局、解放されなかったわけです。
今思えば、宙吊りにされる程度の「勝算」は無意識にあったのかもしれません。最終的にいつ自分が受け入れられたのか記憶が曖昧ですが、私の粘り勝ちでした。私の熱狂をその女性は受けいれました。その女性が今の妻です。

二浪した結果

もっと遡る必要があります。私は大学浪人を2年間経験しています。ようやく3年目にして入学することができた大学で妻になる女性に出会いました。ニーチェの運命愛という言葉を考えます。このために私は永劫回帰、何度生まれ変わっても大学受験を二度失敗して二浪する必要があるわけです。
人生万事塞翁が馬。何がうまくいくのかわかりません。現役で大学に首尾よく合格していれば、その先にはそれなりの人生があったのでしょうが、それは経験することはできません。パラレルワールド。色んな可能性があったけれど、こうでしかない、というのが運命愛という気がします。今の生を丸ごと肯定することに繋がります。

子どもに伝えること

このことはブログに書いたこともあるはずです。改めてファミリーマネジメントジャーナルにも書くことで、自分の子どもが将来読むことがあるでしょう。それを狙ってもいます。子どもは親の話を聞くでしょうか?書いてある言葉を子どもが勝手に読む可能性の方が高い気がします。説教臭いわけでもなく、自分の親が若い時にどういった恋愛を、失敗を経験したかという話は子どもにとって有用でしょう。かといって、口頭で直接話すのも難しい。手紙を書くのも恥ずかしい。ということでブログの形で書いておけばいいわけです。読むかどうかは子どもの意思に委ねます。解釈も任せます。この記事を読む頃には、子どもは自分で考えて色々と判断するでしょう。また、好きな相手は自分で選ぶはずです。いや、実際、誰かを好きになるというのは「選択」という性質のものではなかったなあ。

Filed under: アキヅキダイスケ

by

子育てサラリーマンブロガー。妻一人、子ども三人。著書『Androidスマホ&クラウド「超」仕事術』(C&R研究所)。Android使い(ZenFone2 laser、Nexus 7)。ライフハック、GTD、ジブン手帳mini、トラベラーズノート、測量野帳、MacBook Air。文学部出身、夏目漱石『草枕』。音楽は1990年代のロック中心でできています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です