坂根
comments 2

【坂根week】DAY2.人生がときめく片づけの魔法 – 片づけはタスク管理と通ずるものがある

島根の司法書士、坂根(@sakane0958)です。
今日からは「人生がときめく片づけの魔法」の中身に入っていきます。

全ての服を床に積み上げ、一つ一つ判断する。これは収集と整理ではないか。

たとえばあなたの洋服を整理する場合は、家じゅうにあるあなたの洋服を一度に判断していきます。コツは、「収納から一つ残らず出して、一か所に集める」ことです。(P65)

これはGTDで言うところの収集でしょう。
頭の中の気になることを全て書き出すというステップと同様ですよね。

集めたすべての洋服を床のどこか一か所に広げて山積みにします。それらを一つひとつ手にとって、ときめくモノだけを残します。(P66)

これはGTDで言うところの整理。
収集は一気に、整理は一つずつ、というところも共通です。

足すことより引くことが大事。これはタスク管理でも大事。

「これまでは自分に何かをプラスしていくことが大事と信じて、セミナーを受講したり、勉強して知識を増やしたりしてきました。でも、足すことより引くことの方がはるかに大事だということを、片づけを通して初めて気がつくことができました」
これはとっても勉強熱心で、膨大な数の社外人脈を築き上げてきたMさん(三〇代)の言葉です。(P232)

片づけで持ち物を絞ることによって、自分の持ち物をしっかりと把握できるようになるでしょう。
タスク管理においても、絞り込みで不要なものを見えなくして、「今見たいタスクだけを見られるようにしておくこと」が大事です。
コンテキストやタグ、開始日や締切日でタスクを絞り、快適なタスク管理システムを作ることは、きちんと片付いた家をキープすることと共通する気がします。

[Toodledo]私の運用例の紹介
手前味噌ですが私の書いた記事。
”Deferredタスクは、自分の中では「連絡待ちタスク」と呼んでいます。
今は実行できないが、いつか然るべき状況が来るまで削除することができないタスク達。
Deferredタスクも、目に触れないように設定することができるので、便利に使います。”

 

ちなみに私、片づけられない人間です。

ここまで書いてきて、そういえば私の「片づけ」能力について書いていなかったな、と思ったので書いておきます。
3次元の世界では、いわゆる「片づけられない人」です。
結婚してからは整理の得意な妻に任せっきりで、自分のオフシーズンの服がどこにあるのか、妻に訊かないとわからないこともしばしば。
Toodledoのビューこそ工夫していますが、リストの中身は混沌としています。

そんな私が「記事に書きたい」と思うくらい、「人生がときめく片づけの魔法」は合理的な片づけ方法だと感じます。
そうそう、タスク管理をしている人間がこの本を読むと「あ、片づけってタスク管理と同じだ」と思うわけですが、逆に片づけが得意な人が私の記事を読んで「タスク管理も片づけに通ずる良いものなのか?」とタスク管理に興味をもってもらえたら嬉しいですね。

さて、明日は「積ん読」に触れている部分について書く予定です。

Filed under: 坂根

by

坂根

島根県在住の司法書士。同郷の妻と子供2人(男児、女児)と暮らしています。自称おしどり夫婦。妻とは職場も同じです。 TaskChute/たすくま/Evernote/Toodledoなどのクラウドツール、タスク管理ツールに興味あり。 ブログ「流れるような一日を」http://fluentlife.jp/ モットー「習うより慣れよ」。

2 Comments

  1. ごんちん says

    この記事一つ見ても常に理路整然と片付いてるに見える方が、実生活は片付けが苦手とはビックリです。
    私は、自分自身の関心の範囲内だけ異常に片付いてるタイプの人間です。自分の部屋でいうと机の上はペンの置き方まで完璧ですが、床はゴミだらけ。

    何か凄く共感を覚えました。

    • 坂根

      ごんちんさん、コメントありがとうございます。

      今まで片づけが苦手だった前提には、片づけの「効果」が自分の中でよく納得できていなかった、ということがあると思います。
      片づけに注ぐ労力と、それにより得られる見返りのバランス。
      服とか畳んで置かなくても、積んであるところから取れば同じことじゃないの?と思っていました。

      何のために片づけをするのか。
      片づけをすることで、自分にどういうメリットがあるのか。
      そういうことに納得がいけば、世の中の「片づけができない人」も片づけができるようになるのかな、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です