なお♪
Leave a comment

【なお♪week】 Day2 万引きの誘いに,不法侵入…

サーチライト

ほっほい!
こんにちは,ドクターなお♪です。
毎日の育児に家事に,それにお仕事していらっしゃる方も,お疲れさまです♪

さて,昨日も書いたとおり,学校でいろいろとやんちゃをやらかしているわが息子ですが,じゃあ私が息子にエラそうに説教できるほど立派なこどもだったかと聞かれると,これまた自信を持って「いいえ!」と言えてしまうのが悲しいところです。

訳あって,小学校の入学式から1ヶ月くらい遅れて通い始めたひとつめの小学校。近所のお友達とそのきょうだいと放課後に遊ぶ約束をして帰宅した私は,母にこう言ったそうです。

「今日はね,これから△△ちゃんと遊ぶんだ。お兄ちゃんたちと一緒にマンビキしに行こうって誘われたから」

私の母親,「あのときは本当にギョッとしたのよ」と今でも言います。そりゃそうですよね(笑)。悪びれずに親に伝えたのですから,当時の私はマンビキが何たるかを知らなかったものと思われます。幸い,万引きをしに出掛けた記憶はないので,きっとそのあと何か理由をつけて遊びの約束を断ることに成功したのでしょうね。やれやれです。

その年の秋には,親の仕事の都合でふたつめの小学校へ転校しました。2学期の終わり,母親が担任の先生との通知表渡しを兼ねた保護者面談から帰ってきて,私に言いました。

「あんた,学校で毎日何やってんの? 先生が『お宅のお子さんは,転校早々クラスの男の子を支配してます』って言ってたわよ」

ええ,またしても母親をギョッとさせてしまったようです。当の私としては,別に支配なんてしてないよ,そりゃ仲よしな男子はいっぱいいるけど…くらいの気持ちでしたが。

なかでも,特に気の合う男の子Aくんとは,授業中もよく喋っていたのでしょう,しょっちゅうふたりで廊下に立たされていました。廊下に出てからも「また立たされちゃったね。それでさ~,…」とかさらにふたりで喋り続けて,先生が廊下まで注意しに出てきたこともありましたっけ。

「男の子を支配」していた(?)のは低学年のときだけでしたが,4年生くらいのときには放課後に今度は女友達と学校の倉庫のなかに忍び込んで遊んでいるのを守衛さんに見つかって,担任の先生にめちゃくちゃ怒られたこともありました。真っ暗な倉庫の中,守衛さんに懐中電灯で照らされるのはまるで「CAT’S EYE」みたいな気分だったのを覚えています(覚えてるの,そこか?)。

…ね? 息子に「おりこうにしなさい!」なんて言えたガラじゃないんです。

Filed under: なお♪

by

児童精神科の勤務医をしています。児童思春期の心の悩み,発達障害支援,特別じゃない特別支援教育,育児支援,ワークライフバランスに興味があります。夫と小学生の息子との3人暮らしのなかで,私自身も母親としてあれこれ悩みながら日々育児に奮闘中です。子育ての負担やストレスはできるだけ軽くしたいし,せっかくならこどもの育ちを楽しみたいし,でもこどもの心はしっかりたくましく育てたい…と欲張りな願望をもっています。こちらでは,子育てが少しでも楽になるような考えかたやコミュニケーションのとりかたについて,迷ったり気付いたりしたことを中心にあれこれ書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です