なお♪
Leave a comment

【なお♪week】 Day4 得意なことは,仕事にするな…?!

白髪の医師

ほっほい!
こんにちは,ドクターなお♪です。
毎日の育児に家事に,それにお仕事していらっしゃる方も,お疲れさまです♪

昨日,一昨日と小学校時代の話を書きましたが,こんな私が思春期になって急に文句のつけどころのない理想的な女子生徒になれるわけもなく。

中学校では,地味でダサダサでノリが悪くて,クラスの華やかでオシャレな女の子たちの斜め下を行くような浮き気味な子でした。なんでみんなあんなにカッコよくて明るくておしゃべりも上手なの?…でも,そういうしんどさを家族に相談するでもなく,かろうじて無難なふりをして毎日を過ごしていました。

女の子グループにうまく馴染めずに密かに悩んでいるのを知ってか知らずか,中3のある日,担任から声を掛けられました。

「ところでお前,将来は何になろうと思ってるんだ?」

当時,いちばん好きな科目が英語だった私は,なんとなく英語の先生になりたいと思っていたので,そう答えました。すると…,

「そうか…。お前にそれはオススメしない。だっていい先生になれないから。自分が苦労してないものは人にはうまく教えられないもんだ」

漠然と持っていた将来の目標を見事にバッサリ否定されてぽかんとしている私に,先生はさらにおっしゃいました。

「お前,医者になったらどうだ? 小さいときから医者の世話になってきたんだろ?」

…いや,そりゃまぁいろいろお世話にはなってきましたけど。でも診察とか検査とかキライで,いつも逃げ回ってましたよ?

「ほら,そんなら医者にかかるモンの苦労がわかるってもんじゃないか!」

えええ~,そんなもの?!

それまで医者になろうなんて考えたこともなく,医者になれと誰かに言われたこともなかった私。でも,この日から将来の目標に医者という選択肢がぼんやり加わったのでした。

今も,あのときの先生の真意はわからないままです。もしかしたら本当に医者になることを勧めていたのではなく,ただ「目の前の友達づきあいに振り回されずに,もっと先の目標を見て生きていけ」というメッセージだったのかもしれません。

でも,おかげでこうして医師としてお仕事させていただいているわけですから,まさにひょうたんから駒。ありがたいことです。

Filed under: なお♪

by

児童精神科の勤務医をしています。児童思春期の心の悩み,発達障害支援,特別じゃない特別支援教育,育児支援,ワークライフバランスに興味があります。夫と小学生の息子との3人暮らしのなかで,私自身も母親としてあれこれ悩みながら日々育児に奮闘中です。子育ての負担やストレスはできるだけ軽くしたいし,せっかくならこどもの育ちを楽しみたいし,でもこどもの心はしっかりたくましく育てたい…と欲張りな願望をもっています。こちらでは,子育てが少しでも楽になるような考えかたやコミュニケーションのとりかたについて,迷ったり気付いたりしたことを中心にあれこれ書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です