なお♪
Leave a comment

【なお♪week】 Day5 灰色の「今」から希望への道しるべ

希望の道こんにちは,ドクターなお♪です。
毎日の育児に家事に,それにお仕事していらっしゃる方も,お疲れさまです♪

あれこれとりとめのない思い出話を書いているうちに,最終回になりました。最後までお付き合いいただき,ありがとうございました。

これまでいろんなことがあったけれど,模範的でステキな育ちかたをしてきました! とはちっとも自信を持って言えそうにない私です。

今こうして精神科医になり,それも「王道」「本流」とは違うこどもの精神科医として,日々こどもたちやご家族と診察室でお話をさせていただきながら思うことは「あぁ,自分が育ちながら苦労してきたことが今の仕事に活きてるって部分はあるのかもしれないな」ということだったりします。

華やかに脚光を浴びるクラスの人気者にはほど遠く,いろんな失敗を重ねたり,コンプレックスを感じたりしながら地味に過ごして。

家族とはうまくコミュニケーションが取れないような時期もあったけれど,そんなときは学校の先生やまわりの大人の方の支えをとても心強く感じていて。

だから今,挫折体験や学校生活の悩みを抱えて診察室へ来てくれるこどもたちに「今はいろいろあるかもしれないけど,一生うまくいかないとは限らない。大人になったときに『まぁなんとかなったじゃん』って自分に言ってあげられたらいいよね」って,そんな気持ちで会えるのかもしれません。にっちもさっちもいかないように感じる灰色の「今」がずっと続くわけじゃないよ,きっとこれからいろんな転機を活かして方向転換していけるんだよ…まずは「変われるかも」って感じてほしいのです。

そして,親の立場になってからは我が子の育ちを自分以外の大人の方が支えてくださることにありがたく甘えさせてもらっているからこそ,診察室でお母さんお父さんたちには「私はみなさんにとって赤の他人かもしれないけど,こうしてご縁あって出会えたのだし,私が何かのお役に立つのならうまく使ってくださいね」というスタンスでお話ししています。子育ては親だけの仕事じゃない。親にしか果たせない役割だってあるかもしれないけど,誰かの力を借りたっていいじゃないですか,って。

家族とも学校の先生とも違う立場で,こどもたちの育ちの過程に出会わせていただく大人のひとりとして,その子にも親御さんにもちょっとでも安心感や希望を感じてもらえるような関わりができたとしたら,それはこの上なく幸せなことです。

そんな思いの延長として,これからもfmjの記事を書かせていただきたいと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いします!

さて,来週も引き続きお楽しみくださいませ♪

Filed under: なお♪

by

児童精神科の勤務医をしています。児童思春期の心の悩み,発達障害支援,特別じゃない特別支援教育,育児支援,ワークライフバランスに興味があります。夫と小学生の息子との3人暮らしのなかで,私自身も母親としてあれこれ悩みながら日々育児に奮闘中です。子育ての負担やストレスはできるだけ軽くしたいし,せっかくならこどもの育ちを楽しみたいし,でもこどもの心はしっかりたくましく育てたい…と欲張りな願望をもっています。こちらでは,子育てが少しでも楽になるような考えかたやコミュニケーションのとりかたについて,迷ったり気付いたりしたことを中心にあれこれ書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です