とし
Leave a comment

【としweek】DAY2『育児はしんどい?』小説家でiPhoneアプリ開発者主夫のつれづれなる日記

 

小説家でiPhoneアプリ開発者のとし(@toshi586014)です。

ブログ「はれときどきくもりZ」で小説を公開したり、iPhoneアプリ開発について書いたりしてます。

 

育児はしんどい?

 

としweekの二日目は、『育児はしんどい?』というお話です。いきなりネガティブなタイトルですが、中身はそれほどでもない(たぶん)のであまり身構えないでくださいね。

さて、わたしはいま四歳児と一歳児の育児をしています。

はっきり言ってしんどいです。

以前は会社勤めをしていたので仕事をするしんどさもわかっていますが、それとはまた別のしんどさがあります。

 

子どものここが大変

 

まず、四六時中かまえかまえ攻撃をしてきます。

ごきげんで遊んでるからと安心してトイレに行くと、大泣きしたり(一歳児)トイレのドアの前で話しかけてきたり(四歳児)します。

特に一歳児は「あたちから一瞬でも目を離したら泣きまちゅよ」というオーラをだしてプレッシャーを与えてきます。

また、話が通じません。

一歳児は言うまでもなく──と言いたいところですが、意外に通じることがあります。たとえば、食器棚の扉を触ろうとしたときに「さわったらあかんよ」というと、ニヤリといたずらっ子な顔をしてガタガタと扉を触ります。というわけで、通じてるけど通じません。

四歳児はけっこう通じます。でも、通じません。矛盾しているようですが、本当にそんな感じなのです。わたしが思ってるより通じるけど、わたしが思うより通じません。このビミョーなラインが逆にイライラします。

さらに、わがままです。

よく言えば素直、わるく言えばわがまま。自分の欲求のおもむくままに行動します(あたりまえですが)。基本的に我慢なんてしません(そりゃそうですよね)。お腹がへったら「ごーはん!ごーはん!」と催促し、眠くなったら「ねーむい!ねーむい!」と泣きます(一歳児)。

 

たまには育児から離れたい

 

こんな感じで毎日をすごしていると、「ひとりになりたい」と思うこともしばしば。

あと、ときどき切実に大人と会話したくなります。

四歳児はここ最近かなりお話が上手になったので、今では普通に会話しています。でも、なんていうか、大人の会話をしたくなるんですよね。大人の会話といっても、夜の会話的なアレとか、エスプリのきいたコレとか、そういう感じではなくて、ごく普通の会話でいいんですよね。

 

というわけで

 

育児のしんどさをつらつらとあげてみました。

じゃあ、なんで育児をするのか?と問われると自分でも悩むところでもあります。「そこに子どもがいるから」とか「我育児する。ゆえに我あり」とか、そんな感じでしょうか(てきとう)。

まあ、こんなふうにいろいろと書いていますが、育児は嫌いではありません。むしろ好きなほうです。

そのあたりはまた次回。

それでは、次回も虹色工房(Studio Rainbow)のとしをよろしくお願いします。

Written with MyEditor.

この記事はするぷろで更新しました。

Filed under: とし

by

とし

関西で、妻と三歳のやんちゃ坊主とゼロ歳の娘と四人暮らしをしています。うつ病により休職したのを機に、育休と思いきり育児に専念。育児を楽しくするちょっとした工夫を紹介していきます。ブログ『はれときどきくもりZ』主宰。 晴れた日も曇った日も人生を充実させることができるような【ちょっとした楽しさ】を取り上げています。@fmj_jp なかのひとです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です