よしこ
Leave a comment

【よしこweek】DAY2 夏の思い出 〜夏休みの宿題(2)〜

各メンバーが週替わりでお送りするエッセイウィーク、よしこ担当の2日目です。

昨日は、わたし自身の夏休みの宿題の話をつらつらと書きました。いやはや、ギリギリ体質、なんとかしたいです(この記事もギリギリ・・・)。 今日は、最近の夏休み宿題事情を紹介してみようと思います。image

夏休みの宿題 ~息子の場合~

夏休み終盤にもなると、各家庭の奮闘ぶり(?)がTwitterなどで垣間見られました。読書感想文がくせものらしい、とか、いや自由研究が、とかとか。観察する植物が枯れた・・・とか。親がみなくてはならないものが多すぎ!とかとか。

来年再来年あたりに入学を控えたお子さんがいるご家庭だと、かなり気になるところではないかと思います。特に共働きなどで、家庭で勉強をみる時間がとりにくい場合、一体どうやっていけばいいんだろう?と。 そこで、息子の一例ではありますが、どんな感じの内容かまとめてみますね。

小学1年生

・算数・国語プリント;10枚もないくらいだったかと
1年生なのでまだほとんど学習内容がないのですが、本人の方もまだ自分でやる、とかがしっかり身についていない時期でもあるので、こどもの性格によってはびっちりサポートが必要かも。

・絵日記2枚;
絵が好きなこどもなら絵の方は難なくできますが、日記が案外大変。マス目に文字を書く、文章を書く、が難し買ったりする1年生なので、ある程度、一緒に何を書くか考えてあげられるとよいです。

・あさがおの世話と観察;節目のときを観察、花びらと種をとっておく
うまく育てば第1段階クリア、花びらは色水遊び用に冷凍、種は翌年の1年生へのプレゼントになったりするので、忘れずにとっておくのが大事です。観察は絵日記と同じようにできればよいかな。

・担任の先生にはがきを出す;
親の欲目も出てしまいそうになるけれど、先生の方もクラス全員から受け取るわけですし気負わずに子どもの自由にまかせて書かせればよいかと。ただ、宛先だけはきちんとみてあげた方がよいです。文字の大きさや形をうまくとるのがまだ難しい1年生、郵便屋さん泣かせなものになってしまうので。

・自由課題;とりくむかどうかも自由
読書感想文をやってみよう、と気軽に息子にもちかけて本人もそれなりにやる気でしたが、案外苦戦しました。原稿用紙に文字を書くこと自体がままならない、筆圧がやたら強いので1、2行書いただけで本人はつかれる、という感じで、わずか原稿用紙2枚くらいでしたが、結局夏休み明け2週間後くらいにやっと仕上がりました。 1年生なんてこんなもん、とタカをくくっていたら、夏休み明けの授業参観のときに、よそのお子さんの大作にびっくり。大きな模造紙にザリガニが調べ上げられていました。もっとサポートしてやれたのかも、と軽く凹みました。

小学2年生

・算数・国語ワーク; 復習、1行日記のシートつき。家庭で○つけをして直した後に提出
そんなに量は多くないのである程度授業についていけていれば、1日のページ数を決めて取り組むことができるかも。案外親の○つけが律速になることも。本人のやる気に合わせて○つけて返してやれるとベストなんですが・・・

・自由課題;読書感想文・自由研究・造形作品・書写からひとつ選んで取り組む
読書感想文は1年生でこりた(親が)ので、別のものにすることに。1年生のときと違ってどれかひとつはやらなくてはなりません。自由研究として、水にうくかしずむか、を実験してまとめました。ちょうどわたしが産前休業の時期だったので、一緒に実験をしてノートにまとめるまではサポートできました。 ・・・が想定外だったのは、市の展覧に出品することになり、模造紙に大きく書く必要が。これが結構大変でしたが、息子本人がわりとがんばって書いていたので、あまり指示をせずにおくことにしました。あまり見栄えのよい作品にはならなかったけど、それはそれでよしだったかなと。

小学3年生

・算数・国語ワーク; 計算や漢字の読み書きといった基礎から文章題まで。1行日記のシートつき。家庭でつけをして直しをしたあとに提出。
算数と国語でそれぞれ15ページ弱ずつなので、1日1,2ページでなんとか終わります。○つけして直し、がやっぱり想像ほどはスムーズにいきません・・・、見落として直していないままだったり。1行日記は2年生のときよりも、ひとことで日々のことをうまく書けているな、という感じにはなってきました。

・自由課題; 読書感想文 or 自由研究 or 造形作品 の中から1つ
休職中だった昨年ほどサポートはしてやれないので、民間学童保育で作ってきた工作(はじめの画像)を出すことにしました。スタッフさんのアドバイスももらったビー玉コースター、本人的には力作だったようです。

・リコーダー練習; 3年生から音楽の授業ではじまったソプラノリコーダー。簡単な曲の教本の練習と基礎連。カードに保護者サイン
そういえば春に購入したのでした、すっかり忘れてました。そこそこ吹けるのかと思っていたら、スピー、ピヒャー、な雑音たくさん・・・本人ははまると熱中するタチなのでずっと吹いており、とめるのに苦労しました(苦笑)。

・植物の観察プリント; 夏休み前から育てているホウセンカかマリーゴールド、何か変わった節目に観察記録
観察プリントは学校でもやっているし、大丈夫そうと思っていましたが、いったんしおれかけてたので少し水やりを丁寧にやって、夏休み最終日に取り組むことにしましたら・・・、またも本人熱中してしまい、3時間くらいかけてマリーゴールドの花びらと茎の画を描いていました。所要時間が想定外。

・自分で選んだ植物か動物について調べる; 本やインターネットで調べて所定のプリントにまとめる
夏休み前の授業で自分が調べるものは設定ずみでした。あとは調べてまとめるだけ、なんですが、これがなかなか。夏休みラスト2週間の週末に、調べる(図鑑、本、インターネット、動物園の昆虫館)、まとめる、をやりましたが、またも本人の画に時間がかかり・・・昼間の観察プリントで時間がおしている中、最終日の夜遅くまでかかってしまいました。さすがわが息子(苦笑)、血は争えません。

・暑中見舞いのはがき; 手紙の書き方の学習を生かして、1枚誰かに送る
祖父にイラストをかいて送っていました。イラスト、やっぱり結構時間がかかっており。どうもここに凝ってしまうようですね息子は。

こうやって並べて書いてみると、3年生になって断然こなす量が多くなっていますね。でも、本人の力もだいぶついてきているので、ドリルなどは比較的すんなりこなしていました。

・・・が夏休み明けに、なんとドリルは2冊あったことがわかり、いま取り組み中です。いつ頃仕上がることやら。本人も1冊と思い込んでおり、おたよりからは2冊あることが読み取れなかったので親もわからず、提出する段になって気がついたとのこと。

以上、3年分の宿題振り返りでした。先生にもよるかもしれませんが、だいたいの公立小学校の夏休みはこんなではないでしょうか。たしかに親がみる部分が結構ありますが、まぁ案外なんとかなりそうかも、とか、心構えができて気がラクになってもらえたら、と思ってます。

~編集後記~

さて、9月2日の「1年前の今日」です。 Twilogでさかのぼってみました。この日はなんだかやたら饒舌につぶやいてました。出産を控えているせいか、家の中のことが気になっていたようです。

そして、結構大きな2つの出来事が。
ひとつは、6週間の産前休業の後半3週間のひきこもりを決定づけ・・・
もうひとつは、復職後の自分の仕事に大きくかかわる・・・

8月下旬に夫から始まった目の充血が、子どもたちにうつりました。 ウィルス性結膜炎(はやり目とか、流行性角結膜炎とも。後者が正しい言い方かも)との診断だったのですが、感染力が強いので、学校や保育園は出席停止になります。2歳娘、7歳息子と時間差で次々にかかり、あとの3週間は誰かしらが休んでいる状態になってしまうのでした。 不幸中の幸いは、自分が産休で仕事が休みだったこと(うちで看ることができました)、臨月妊婦の自分はなんとかかからずに済んだこと、でした。

2歳娘の眼科、自分の妊婦健診、と病院をはしごしていたそのとき、勤務先の上司から携帯に電話が入り・・・。予想した通り、異動の知らせでしたよ、上司の。2年少し、いろいろアドバイスをくださった方なので、引き続き指導を仰ぎたかったところでしたが・・・。でも春からの上司からもよくしてもらっています。

Filed under: よしこ

by

大阪出身、だんだん東に来ています。家族は、夫と3人の子ども(男・女・男/2005・2010・2013年生まれ)。夫婦共働きで、家事も育児もなんでもこいの夫のおかげもあり、理系研究職を続けています。時間管理や手帳術、ライフハックに興味はあれど、なかなか実践できていません。ここに参加することで、今より少しでも、有意義な時間が過ごせるようになって、家族のハッピーな笑顔が増えたらいいなと思っています。twitter ID; @keimiesoumom

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です