とし
Leave a comment

育児の秋に悩むとある主夫のお話。キラキラ育児?それともイライラ育児?

 

ブログ「はれときどきくもりZ」の小説家ブロガーとし(@toshi586014)です。

 

キラキラ育児

 

わたしは育児を楽しんでいます。

自分で言うのもなんですが、『キラキラ育児』という感じです。

子どもがかわいくてかわいくて、一緒に遊ぶのが楽しくて楽しくて。

しかし、そんなキラキラ育児に異変が起こりました。

 

主夫となりて変化あり

 

わたしは今は主夫をしています。

主夫をする前は会社に勤めていました。そうなると、子どもと触れ合える時間は限られます。限られた時間だからか、そのころは文字通り『キラキラ育児』で、楽しくて楽しくてしょーがないという感じでした。

しかし、主夫になってから『キラキラ育児』はゆるやかに変化を見せます。

 

イライラ育児

 

主夫をはじめてから、少しずつですがイライラすることが増えてきました。

さらに、イライラはエスカレートして、子どもにガミガミ言うことが増えてきました。今ではすっかり怒鳴ってばかりです。

お出かけ前に片づけをしなかったらコラー!ごはんの最中に走りまわったらウガー!テレビの時間が終わっても消さなかったらギャオース!

そのうちウルトラマンが怪獣と間違えて退治に来ちゃうんじゃないかと心配になるくらいです。

 

されど怒りっぽくなったのではなく

 

そんな自分を省みて、えらく怒りっぽくなったものだと思ったこともありますが、そうではないことに最近気がつきました。

怒りっぽくなったのでなければ、なんでそんなに怒るの?と不思議に思われるかもしれません。

その理由は、『育児をしていると、堪忍袋がつねにパンパンだから』なのです。

24時間365日こちらの都合は一切おかまいなしに自分の好きなように振る舞う子どもといると、ちょっとしたイライラが堪忍袋にどんどんたまります。そして、そのイライラのモトは常に発生しつづけます。

そのため、堪忍袋がつねにパンパンになり、ちょっとしたことで堪忍袋の緒が切れてウガー!となるのです。

 

というわけで温かい目で見守ってね

 

というわけで、子どもがちょっとイタズラしたり言うことを聞かなかっただけでウガー!となっていても温かい目で見守ってください。

そんなことくらいでそんなに怒らなくても、と思われるかもしれません。でも、そんなときはこの記事を思い出して『堪忍袋がパンパンなんだな』とおおめにみてください。

あ、そうはいっても育児は楽しいですよ。ただ、『キラキラ育児』だけでなく、『イライラ育児』も加わっただけです。

育児は楽しいこともあるし、イヤなこともある。ただそれだけのことなのです。

 

この記事が、あなたの楽育児(たのしくラクな育児)のきっかけとなりますように。

 

Written with MyEditor.

この記事はするぷろで更新しました。

Filed under: とし

by

とし

関西で、妻と三歳のやんちゃ坊主とゼロ歳の娘と四人暮らしをしています。うつ病により休職したのを機に、育休と思いきり育児に専念。育児を楽しくするちょっとした工夫を紹介していきます。ブログ『はれときどきくもりZ』主宰。 晴れた日も曇った日も人生を充実させることができるような【ちょっとした楽しさ】を取り上げています。@fmj_jp なかのひとです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です