さいたか
Leave a comment

思い出にまつわる香り

medium_60169273

皆様、ごきげんいかがですか。
さいたか(@sai_taka)です!

先日、自分のブログで「プルースト効果」について書きました。

「プルースト効果」を利用しよう!|アロマのおかげ。

プルースト効果とは、ある特定の匂いが、それにまつわる記憶や感情を呼び起こす現象のことです。

嗅覚と脳の関係で、香りと記憶が結びつきやすいんですね。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

子どもの頃の思い出って、香りや匂いがセットになっているものが多いと思います。

例えば、こんな感じ。

    外で遊んでいる時の、草の匂い。
    雨が降ってくる前の、ホコリくさい匂い。
    プールの塩素の匂い。
    駄菓子屋さんの店内の、どぎつい色のお菓子の匂い。
    午前の授業中、給食室から漂ってきた、好きなおかずの匂い。
    におい玉とか香り付き消しゴムなどの匂い。
    新しいノートの匂い。
    鉛筆の、鉛や木の匂い。
    体育館の、布やゴム製品の混ざった匂い。
    理科室の、薬品の匂い。
    鉄棒や雲梯(うんてい)で遊んだ後の、手についた鉄の匂い。
    公園の、カルキくさい水道水。
    図書室の、古い本の匂い。
    毎年同じ頃に咲く、通学途中の花の香り。
    遊んで帰る道で感じる、それぞれの家の夕飯の香り。

いかがでしょうか。
みなさんは、どんな香りや匂いを思い出しますか?

◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

大人になった今、一日の中でどのくらい香り・匂いを感じているでしょうか。
子どもの頃にくらべて、嗅いだことのない香りにふれる機会が減ることは予想されますが…。

一日をふりかえってみると、面白いかもしれません。

また、親子で、好きな香りは似るものなんでしょうか。
家族なので、環境的に同じ香りを嗅ぐ機会は多いとは思うのですが…。

それでは、今日はこのへんで。

by:sai_taka

photo credit: plasticrevolver via photopin cc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です