蓮花
Leave a comment

梅雨の扶正去邪(ふせいきょじゃ)

こんにちは、養生と手帳とライフログの蓮花です。もう梅雨ですね。ジメジメして嫌な季節です。植物にとっては必要な自然の恵みなのですが‥私たち人間にとっても”恵みの雨”とするには、どうしたらいいのでしょう?

Rain is Mine! | Explored

梅雨の特徴

湿度が高い

適度な湿度は人間のからだを潤してくれますが、過剰になるとそれは湿邪(しつじゃ)という毒に変質してしまいます。

湿邪(しつじゃ)の特徴

重だるく濁り、からだの中からなかなか出ていってくれません。重いので下に溜まる傾向があり、上半身よりは下半身に溜まりやすくなります。そしてとりわけ、消化器の動きを鈍くさせるのです。参考記事:重くてしつこいウェットな奴

梅雨寒(つゆざむ)

二十四節季ではとっくに夏を迎えているこの季節ですが、実際には気温のピークはもっと先。梅雨寒という言葉があるとうり、時には寒さを感じることもあります。寒さは血液の循環を妨げ、からだ全体の機能を低下させてしまいます。

こころにはどんな作用が?

雨は悪いものではありません。雨音をじっと聞いていると、心が静かになったりもします。とはいえ、ずっと毎日では気が滅入ってしまいますよね。ましてや湿度は消化器の機能を鈍くさせます。漢方では、臓器のそれぞれに担当する感情があり、消化器系は思いわずらう感情が割り当てられています。どうもスカッとしない‥どんよりする‥こんな気分は長引く雨が原因だったりするのです。参考記事:脾(ひ)と胃

何を祓(はら)うか

季節の傾向がわかったところで対策を立てましょう。まずはからだから遠ざけたいものは何か。

湿邪(しつじゃ)

当然これですね。では、どうしたら湿邪(しつじゃ)を遠ざけることができるでしょうか?

湿を祓う食品を摂る

湿邪(しつじゃ)は消化器に溜まりやすい。これを溜まらないようにする為に、湿をからだから出しやすくする食品を食べればいいのです。代表的な食品に豆類があります。初夏の声を聞くと、そら豆や枝豆など豆類が旬を迎えますね。それは今食べておくと梅雨に楽ですよ、という自然からのメッセージなのかもしれません。他にはと麦なども効果があります。ご飯と一緒に炊き込んだり、麦茶にしたり。手軽に摂れる季節の薬膳素材です。参考記事:水になった湿(しつ)を追い出す

何を扶(たす)けるか

湿邪(しつじゃ)にやられないようにする為に、からだを扶けるのはどんなことでしょう。

温かさを保つ

冬のような寒さではないので案外気がつきにくいのですが‥太陽の光もなかなか浴びられないうえ、”陰”の要素である雨が降り続けています。梅雨のからだは意外と冷えに晒されています。

食べものよりも衣類

とはいえ、今の季節にからだを温めるものをたくさん食べてしまうと、もうすぐそこまで来ている夏の調子を狂わせてしまう恐れがあります。もちろん冷やすものを食べるのは控えたほうがいいのですが、食べ物よりはむしろ衣服での調節がおすすめです。ふわりと軽い綿や麻の衣類を1枚羽織るだけで、からだはずいぶん楽になると思います。

梅雨を乗り切る

洗濯物は乾かないし食品は早く傷むし子供は外で遊べないし‥梅雨はおかあさんにとって頭の痛い季節ですね。だからせめて、からだだけはすっきりと。そのお手伝いができれば、こんなに嬉しいことはありません。fmj読者の皆さんが、すっきりとした梅雨を過ごせますように‥蓮花(れんか)でした。

 

編集後記

早いものでマレーシアで暮らし始めて1年が過ぎました。こちらはずっと夏なのですが、微妙な季節の変化(のようなもの)もあります。5月から9月頃はモンスーンの影響を受けて雨季に入ります。ただ1日中しとしとと降る雨ではなく、急に雨と風が強くなり、日本で言えば台風みたいな状態になります。そしてそれが30分からせいぜい1時間も続くと、その後はカラッと晴れ渡る。それがこちらの梅雨なのです。

Filed under: 蓮花

by

lotas

自分や家族の体調不良がきっかけで、漢方に興味を持ちました。 2008年に国際中医薬膳師試験に合格。 漢方薬だけ、薬膳料理だけ、ではなく、暮らしのすべてが養生につながります。 子育てする人も、される人も、しない人も。 みんなが元気になれる”暮らしのヒント”をお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です