蓮花
Leave a comment

夏の総括

こんにちは、養生と手帳とライフログ の蓮花(れんか)です。fmjも夏休みが明けました。

endofsummer

皆さんの夏はいかがでしたか?思い出と共に、今年の夏を振り返ってみましょう。

夏の宿題チェックポイント

夏の養生で、気を付けるポイントがいくつかありました。

  • からだの中に湿(しつ)を溜め込まないように、豆類や冬瓜、はと麦茶を飲む。
  • からだの中に熱がこもらないように、熱を取り去る作用のある野菜を多く食べる。
  • 汗と共に”気”を失わないように酸っぱい味のものを食べる。
  • 室内と室外の寒暖差に注意する。
  • 冷たい飲食をしない。
  • 夜になったら1日の興奮を鎮めクールダウン。

 

‥いかがでしょう?実践できていましたか?特に湿(しつ)に関しては注意が必要です。梅雨、夏、と湿度の高い季節が続きました。もし、からだの中に湿(しつ)を溜め込んでしまって、それをそのままにして秋、そして冬を迎えると‥花粉症や関節痛などの持病の悪化につながる恐れがあります。幸い、これからは乾燥する季節です。この機会に梅雨~夏の宿題を片付けて、気持ちの良い秋を迎えましょう。

夏の宿題片付けポイント

  • 引き続き、豆類やはと麦茶(温かいものを)を摂って、湿(しつ)を溜め込まないようにする。
  • 冷やすというよりは、潤すことで熱をおだやかに取り去る食品を摂る。
  • 引き続き、寒暖差には注意する。
  • 冷たい飲食はしない。
  • 昼の興奮は夜に持ち越さない。

 

今日9月8日は二十四節季の白露(はくろ)。夏から秋への交代の時期です。引き続き暑さへの対策をしつつも、来るべき秋にも備えた対応が必要になってきます。参考記事;夏から秋への道しるべ‥『白露』

四季の養生

日本は四季のはっきりした国です。ひとつひとつの季節の特徴がそれぞれ違います。それぞれの季節の特徴を理解し対策をとることで、気候がからだに及ぼす影響を最小限にし、気持ちよく四季を楽しむことができます。どうか、この夏の宿題、決して秋~冬への持ち越さないで下さい。季節の宿題は、次の季節が始まる前に終わらせる。これが、日本と言う四季のある国での養生の鉄則なのです。

 

 

編集後記

‥四季があるっていいですよね。そろそろ本格的に乾季に入るマレーシアですが、日中は相変わらず暑いです。それでも、日の出、日没の時間が微妙に変わってきています。この国はこの国なりに、秋に近づいていってるのかもしれません。

Filed under: 蓮花

by

lotas

自分や家族の体調不良がきっかけで、漢方に興味を持ちました。 2008年に国際中医薬膳師試験に合格。 漢方薬だけ、薬膳料理だけ、ではなく、暮らしのすべてが養生につながります。 子育てする人も、される人も、しない人も。 みんなが元気になれる”暮らしのヒント”をお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です