くらちのりこ
Leave a comment

さじ加減

file0001836267570

くらちのりこです。
梅雨入りからスッキリしない体調が続き、ちょっとぐったりしていました。

※本記事は一個人の体験談です。「こういう方法もあるよ」と、いう紹介記事であり特定の医療を推奨するものではありません。

頭痛を「注射」で治す

「ペインクリニック」と標榜されている病院で「トリガーポイント注射」なる治療を受けてきました。

きっかけは夫が見つけたこのニュース。

<鎮痛薬が効かない>第三の頭痛とは (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 

 

痛み止めが効かない頭痛でも治し方がある!ということがわかり、あれこれ検索してたどり着いたのがペインクリニックでの「トリガーポイント注射」でした。

先日あまりの頭痛で寝込んでしまいました。ほかの疾病はないのに頭痛だけでぐったり。緊張性頭痛であることは自覚していました。市販の頭痛薬では痛みが引かず、10が7や8になる程度。しかもそれが2時間ほどで効き目が消失してしまい、頭痛薬にはたいてい書いてある「服用間隔4〜5時間」まで効き目が持続しません。ストレッチ、入浴、睡眠の改善なども試みましたが、「身体の緊張を緩ませる」ということが持病の自律神経疾患のため難しく、ぶり返してしまいます。痛みの悪循環に陥ってたようです。

上記の参考記事内で書かれているのは神経ブロック注射と服薬ですが、ブロック注射かトリガーポイント注射になるかは、ペインクリニックへいけばお医者さんが痛みの度合いや部位を考えてどちらにするかいっしょに考えてくれます。また、突然に痛くなった急性の痛みなのか?ずっと痛い慢性痛なのか?きちんと問診で聞かれますし、痛みの度合いで理学療法と服薬を選択される場合もあります。安易に注射を打つものではないのでお医者さんとしっかり相談してみてください。ワタシの場合は首元に2本打ちました。そしてとても良く効きました!

この記事がアップされている頃には2回目の注射をし終わってるころです。

▽下の画像は「イタミ家の人々」という製薬会社提供のサイトです。詳しくはリンク先をどうぞ

FireShot Capture - 第1回 トリガーポイントとは|イタミ家の教えてトリガーポイント|イタミ家_ - https___www.itamike.com_column_first.html

 

じっくりと時間をかけて不調と向き合うのも大切です。しかし、頭痛や腰痛で痛みをがまんしながら日々過ごしていると「痛みを我慢すること」がストレスになってよけいにイライラすることはありませんか?身体の調子が悪いと心の調子も悪くなります。痛みで日常生活の質が下がることもあります。・・・っていうワタシがそうでした(涙)

日本ペインクリニック学会
痛みは、身体に生じた異常事態を知らせる警告反応として大切な役割を持っています。しかし、痛みの原因が明らかとなったあと、痛みは私たちにとって有益な存在から不必要な、さらには有害な存在へと変わっていきます …

 

養生+西洋医学÷ほどほど=暮らしやすいさじかげん

個人ブログのエントリーわたしのtweetやを読まれている方はものすごく力を入れて養生をしているように見えるかもしれませんが、いっきさんがfmjの復帰いちばんの記事で書いてくれたスタンスで取り入れています。

そう、「何が何でも養生で!!」というものではなく、「だいたい感覚」です。
真ん中を選ぼう | ファミリーマネジメントジャーナル
本当の目標は、「見える意見の数を増やすことで、『みんなの“だいたい”感覚』を復活させる」ことにあるのかもしれません。 …
本当の目標は、「見える意見の数を増やすことで、『みんなの“だいたい”感覚』を復活させる」ことにあるのかもしれません。

 

今回のようにあきらかにQOLが低下してしまった場合、家族の要であるワタシの健康はなるべく早く立て直さないと家庭生活に不具合が出ます。西洋医学ですみやかに不快をいったん取り除き、そのあとにじっくり原因を取り除くのもひとつの手だと考えています。

 

さいごに

基本の暮しは「よく食べ、よく動き、よく眠る。」

これはもう、養生生活を3年ほどつづけて実感しています。少しずつ生活が変わっているのを実感しています。小さいけど長くつづけることで、暮しに合わせたリカバリが可能になります。

・・・しかし、にんげんだもの。

つい、行き過ぎてしまう無理のかかるときもあります。
そんなときは柔軟に現代の医療にたすけてもらい、スッキリしてからまた日々の暮しを見直す。そんな「いいとこどり」なワタシの日々です。

Filed under: くらちのりこ

by

のり@くらちのりこ twitter id @norixnori ブロガー 暮らし回りのあれこれを発信。子育て、片付け、暮らしかた、考え方。 夫1、男児2(小4、小1)。 神奈川県横浜市 · http://kurasistant.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です