蓮花
Leave a comment

秋の先取り

こんにちは、養生と手帳とライフログ の蓮花(れんか)です。
Awesome Autumn!
まだ9月も半ばを折り返したばかりですが、養生では次のシーズンを見据える時期です。秋はどんな変化をからだにもたらすのでしょうか?

秋の位置づけ

一年で最も日照時間の長い夏から、最も短い冬へ。秋は“陽”→”陰”へのスイッチの季節です。日照の減少に伴い気温もだんだん低下していき、そして空気も乾燥していきます。

予想されるからだへの影響

秋のからだには、どんな影響があるのでしょう?

秋は乾燥の季節

梅雨から夏にかけてあんなに猛威を振るっていた湿度も、この季節には嘘のように影をひそめます。カラッとしたすがすがしい空気は気持ちのいいものですが、同時に皮膚や呼吸器の乾燥の原因にもなります。ここが渇いていると、次の冬になった時に外邪(がいじゃ)の侵入をたやすく許してしまい、カゼをひきやすくなるのです。

秋はメランコリック

日は短くなるし、気温は低くなる。太陽の位置も低くなり、夕方頃の影法師がやたら長く感じられる‥太陽サンサンだった夏に比べると、秋は見るからに淋しい雰囲気に包まれます。淋しい気分は気持ちの低下、ひいては気力の低下を招きやすいのですが、無理をして元気にふるまうのも注意が必要。秋から冬のからだは省エネモード。夏のように行動していたら、気力も体力も消耗してしまいます。のんびり、ゆっくり。そんな過ごし方が秋にはぴったりなのです。

夏の宿題

ひとつ前の季節の課題をやり残したまま次の季節を迎えると‥からだには思いもよらぬ負担がかかります。ここでもう一度、夏の宿題を見直しておきましょう。

熱を祓(はら)う

ギラギラした太陽が容赦なく照りつけた夏。過剰な熱をからだに貯め込んだままになっていませんか?夏の間は湿度も高く、そして余分な熱も汗として出ていってくれるのですが、気温も湿度も下がる秋には、そうはいきません。残った熱は、やがてやってくる秋の乾燥を助長してしまうのです。まだ少し暑さが残る今だからこそ、からだの熱を見直してみましょう。

足元の冷え

暑かった夏には意識しなかったこと‥それは冷え。大抵の人が、自覚がないだけで足先が冷えていることが多いのです。暑さが和らぐこの季節だからこそ、足元の冷えを見直してみましょう。

秋のからだとこころ‥その陰陽バランス

秋のからだとこころには、どんな陰陽バランスの変化が訪れるのでしょう?

“陰”のバランス

秋から冬は”陰”の季節です。自然界全体が”陰”に向かって大きく舵を切る季節です。”陰”=ネガティブというイメージもありますが、あまり気にしないで下さい。なにしろ自然界がみんな”陰”に傾くのです。それが、自然の摂理なのです。無理して”陽”に傾けなくても、全然OKなのです。

“陽”のバランス

秋は乾燥の季節です。陰陽の”陽”のほうですね。乾燥し過ぎはいけないのですが、からだに残った湿(しつ)を取り去ってくれるという効果もあります。そして気温の低下は陰陽の”陰”に当たります。これも、からだに残った夏の熱を放出してしまうチャンスでもあります。自然ってよくできていますね。

まとめ

  • 秋は”陽”→”陰”へのスイッチの季節です。
  • 日照時間が短くなり、気温、湿度、も夏とは変化します。
  • 季節に伴い気候が変化し、からだもそれに伴います。

 

夏と冬のほうが、実は養生は簡単なのかもしれません。秋と春は揺らぎの季節。からだもこころも、デリケートになりがちです。ゆっくり、あせらず。”陰”と”陽”が劇的に変化する秋ですが、無理せず季節に身を委ねるのも、四季のある土地に暮らす知恵なのかもしれませんね。

 

 

編集後記

あと1週間ほどすると、中秋節。中国本土も、マレーシアを始めとする華僑の暮らす国でも、盛大に執り行われるイベントです。月餅を食べるのが有名ですが、マレーシアはさすが南国。オーソドックスな小豆や栗の餡だけでなく、バナナやマンゴーなどのフルーツを使った餡があり、それらもとてもおいしいのです。中にはペナン名産のドリアン月餅も‥食べたことは無いのですが、ここにいる間しか食べる機会の無いものなので、トライしようかどうか悩み中なのです‥

Filed under: 蓮花

by

lotas

自分や家族の体調不良がきっかけで、漢方に興味を持ちました。 2008年に国際中医薬膳師試験に合格。 漢方薬だけ、薬膳料理だけ、ではなく、暮らしのすべてが養生につながります。 子育てする人も、される人も、しない人も。 みんなが元気になれる”暮らしのヒント”をお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です