蓮花
Leave a comment

秋の扶正去邪

こんにちは、養生と手帳とライフログの蓮花(れんか)です。いよいよ秋も本格的になってきまし
たね。行楽の秋、スポーツの秋、食欲の秋‥みなさんはどんな秋をお過ごしですか?

運動会で流し撮り

秋の特徴

さて、秋というのはどんな季節なのでしょう?私たちにどんな影響を及ぼすのでしょうか?

陰陽の転換期

夏は”陽”が極まる季節でした。その反対に冬は”陰”が極まる季節です。その間に位置し陰陽
の切り替えの役割をするのが春と秋。秋が担当するのは”陽”から陰へのスイッチです。

とにかく乾燥する

梅雨から夏にかけてムンムンだった湿度も、秋になると影をひそめます。秋から冬にかけては
空気に含まれる水分が途端に少なくなるのです。

胃腸は大喜び

湿度が嫌いな消化器系は、この季節には調子が良くなることが多いです。タイミングよく収穫
の季節も迎えます。だから食欲の秋なんですね。食物の獲れない冬に備えて、からだが栄養
を蓄える為のシステムなのです。

呼吸器は注意

反対に、鼻や喉、そして皮膚などは乾燥した空気が大嫌い。これらの器官には乾燥対策が必
要です。

何を祓うか

からだにとって悪い影響を及ぼすものは、どのようにして排除できるのでしょう?

とにかく乾燥対策

この季節の邪気(じゃき)はなんといっても乾燥です。これをうまくコントロールすることは「秋を
制する」と言っても過言ではないほどです。乾燥で呼吸が辛い場合はマスクをしたり、顔だけで
なく全身を保湿するなど、乾燥した空気をからだに直接当てない工夫が必要です。

乾燥がもたらすダメージ

乾燥が苦手な呼吸器や皮膚は、からだの中への外敵の侵入を防ぐ砦の役割を担うところ。こ
こをしっかりケアすることが、カゼや皮膚病などの感染症の予防につながります。

何を扶(たす)けるか

ではどうすれば、からだへのサポートになるのでしょうか?

“陰”を補う

乾燥を癒すのは潤いです。からだを潤す”陰”を補うのが有効な方法です。
牛乳、卵、豆腐などは、意外にもからだを潤してくれる食材です。もち米やうるち米などの米類
は、水を溜めた水田で、湿度の高い夏に育ちますね。そして食べる時も水を使って炊きます。
なのでしっかりとからだを潤してくれるのです。そして、ごまやくるみ、松の実などのナッツ類に
含まれる油分は、ダイレクトに呼吸器や腸などを潤してくれます。

こころへの作用

季節の影響は、からだだけでなくこころにも及びます。秋はこころにどんな働きかけをするの
でしょう?

秋はメランコリック

古の人々は、秋には「憂い」の感情が強くなると考えました。まさにメランコリーですね。考えて
みれば当然で、なにしろ太陽サンサンの”陽”の季節から、日照時間の短い”陰”の季節へと
移り変わる時期なのです。ましてや、いつまでも明るくて楽しかった夏の余韻を、未だ忘れられ
ないでいる秋。突然ノリを変えろと言われても無理ですよね。そのギャップが、なんだか寂しい
気分にさせるのかもしれません。

秋の過ごし方

そんな秋という季節は、どんなふうに過ごせばいいのでしょう?

ゆっくり、まったり

秋や春といった季節は、陰陽のスイッチに当たります。とはいえ、いきなり40℃近い気温から
一桁まで下がるということはあり得ません。だんだんと気温と湿度が下がり、ゆっくりと秋を通
過して冬になっていくのです。だから、季節のリズムに合わせてゆっくりと過ごすことが重要で
す。秋の夜長に灯下に書をひもとく‥なんていうのは、秋にしかできない過ごし方なのでしょう
ね。

食べ過ぎない

秋は湿度が低いので、胃腸の調子が良くなります。おいしいものもいっぱい出回るので、つい
ついたくさん食べてしまいがちです。でもね。たくさん食べてよかったのは、冬になると食べ物
が手に入らなくなる古代の人達だけ。今を生きる私たちは、いつでもどこでも食べ物が手に入
るのです。だから秋だからといってモリモリ食べなくても大丈夫。季節の味覚を適度に味わう
程度にとどめましょう。
秋は天気も安定しているし、紅葉など自然の美しさも満喫できるいい季節です。乾燥と食べ過
ぎにだけ気を付けて、存分に楽しんで下さいね。

 

編集後記

マレーシアの秋は乾季です。いちばん暑い季節に比べたら大分マシですが、それでも日中は
25℃を超えます。日照時間も少しですが短くなり、朝晩は薄手の上着が欲しい程度には涼しく
なります。日本を含む東アジアに比べると、なんだかぼやーっとしてるのが、この国の秋なの
です。

Filed under: 蓮花

by

lotas

自分や家族の体調不良がきっかけで、漢方に興味を持ちました。 2008年に国際中医薬膳師試験に合格。 漢方薬だけ、薬膳料理だけ、ではなく、暮らしのすべてが養生につながります。 子育てする人も、される人も、しない人も。 みんなが元気になれる”暮らしのヒント”をお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です